2014年02月06日

NON-Bビザのキャンセル

タイで働くためには、Non-Immigrant カテゴリB(通称「NON-B」)とワークパーミットを取得する必要があります。
私も当然持っていますが、退職したのでキャンセルしようと、イミグレに出向きました。

係員いわく、キャンセルは勤めていた会社からいくつか書類を出してもらわないとできないとのこと。
かつ、キャンセルから7日以内にタイから出国する必要があるそうです。

私が退職したのは2013年12月31日で、その時は日本にいました。
その後2014年の1月18日にタイに入国しました。
1/18の入国時には、NON-Bのキャンセルができないので、NON-Bを使って入国しました。
係員いわく、本来は12/31でNON-Bの効力は無くなっているのに、期限を過ぎてNON-Bで入国した私は不法滞在だと。
入国日から次の出国日(2/14にマレーシアに観光ビザを取りに行く予定)まで、500バーツ/日の罰金を払えとのこと。28日間分、14,000バーツ(約42,000円)です。
「じゃあキャンセルしなけりゃいいのか?おれのNON-Bビザは2014年7月まで有効だけど?」
と言ったら、
「それをやったらもうタイでは就労できない」
だって。

おかしくありません?
日本ではNON-Bのキャンセルができないのに、入国したら不法滞在って。
ということで、元の会社と相談しているところです。
まあ、外国人が退職する時は普通はタイにいるだろうから、私のように、退職時にタイ国外にいるケースはかなりレアだとは思いますが。
posted by インサック at 13:54| Comment(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。