2014年01月30日

肝臓癌闘病記(9)退院後

ドレーンは、お腹の右下の肝切離面と膿瘍の2本になりました。
あとは体液が出なくなればドレーンを抜いて終了で、その他の治療はないということで、2013年10月25日に退院することになりました。
その後は通院しながら、2週に1回くらいドレーンの交換を行ってました。
退院後1ヶ月くらいで、膿瘍からの体液が出なくなり、わき腹のドレーンは抜けました。
残る1本ですが、退院後50-100cc/日の体液浸潤が続き、なかなか抜けません。
そうこうしているうちに、会社からは雇用契約の終了を言い渡され、飛行機のオープンチケットの期限が迫って来ました。
半年のオープンチケットで日本に来たのですが、よもやこんなに長引くとは思っていませんでした。

とりあえず2014年1月18日にタイに戻ることにして、もしタイの病院で対応できるのであればタイで、難しければ再度日本に戻ることにしました。

タイのバンコク病院に相談したところ、対応可能とのことで、現在通院しています。
経過は順調で、2/5には最後のドレーンを抜去、治療終了の予定です。
しかしタイの医療費は高いですね。血液検査1万バーツ(3万円)、CTスキャン2万バーツ。
まあ再度日本に行く費用・時間を考えれば、まだこっちのほうがいいですけど。
posted by インサック at 13:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。