2014年01月30日

肝臓癌闘病記(5)感染症

手術後10日くらいすると、痛みもかなり治まって来ました。と言っても、ロキソニンを飲まないと寝れないレベルですが。
熱も出なくなり、このまま回復して行けば退院か、という感じだったのですが、2週間めくらいに40度を超える熱が出ました。
これも後で聞いたのですが、血液が細菌に感染して体中に流れている状態、いわゆる敗血症だったそうです。
敗血症は場合によっては死亡することもある、けっこう危ない病気です。
5日ほどで治ったのですが、血中の細菌の検査のために、動脈から採血する必要がありました。
鼠蹊部から取るのですが、これがめっちゃ痛かった!3回くらいやられました。
動脈なので、けっこう深いところにあるんですよね。

入院後1ヶ月くらい経ち、だいぶ回復して来た時に、また熱がでました。
今回は38度台が毎晩出るというもの。
血液検査の結果、院内感染(MRSA)とわかりました。
MRSAとは、病院内にのみ存在する、薬品に対する耐性を持つブドウ球菌に感染する病気です。
病院には様々な患者さんが来ますので、一般にはあまりいない菌もいたりします。
また、そういう菌の治療に薬品を使いますが、そういう薬品に耐性を持つ菌が生まれたりもします。
そういう、通常には存在しない菌に感染してしまったわけです。
これに効く薬は限られており、私の場合はバンコマイシンという抗生物質を投与されました。
これがかなり大量かつ長期に渡り、入院期間を延ばすことになりました。
posted by インサック at 12:57| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。