2014年07月06日

癌になって良かった

昨年(2013年)7月に肝臓癌がみつかり、日本で半年治療し、2014年1月にタイに戻って来ました。
前の会社は2013年12月で解雇され、無職の状態でした。
1-2月はバンコクでリハビリ、3月いっぱいはスリランカに旅行、4月から就職活動を始めました。
ありがたいことに、複数の知り合いから引き合いを頂き、そのうちの1社で働くことが5月に決定しました。
6月には10日間ほどインド旅行をし、念願のアジャンタ・エローラの遺跡を見、カルカッタの旧友にも会えました。
2014年7月から勤務しています。
社長は非常に論理的に仕事をする人で、価値観が似ているので、理不尽さに悩まされることはないと思いいます。

思えば約1年、仕事をしてなかったことになります。
手術-入院の時期は、こんな状態から社会復帰できるのかな?と思うほど、心身共に弱っていましたが、今は手術前と変わらない状態まで回復できました。
また、スリランカやインド旅行は、働き続けていたらたぶん行けなかったでしょうし、リハビリ中には友人や仕事の取引先の方々から暖かい言葉や支援をたくさん頂きました。
とりわけ、妻にはとても助けられました。

振り返ると、癌になったことがきっかけで、得難い体験をたくさんできたと思います。
生死感、本当に自分のことを心配してくれる人と打算でしか付き合ってなかった人の区別ができたこと、妻の愛情を改めて実感できたこと、前の会社ではほとんど不可能な目標を「できる」と自己暗示をかけ、かなり無理をしていたことに気付き、今の会社で論理的・客観的に仕事ができる環境を手に入れたこと。

誤解を恐れずに言えば、癌になって良かったと思います。完治したから言えることですが。
術後の痛み・発熱は、もう二度と体験したくはないですが、それがきっかけになって体験できたことは、全て良いことばかりでした。

良き妻・友人・パートナーの助けに感謝し、今後は少しでも恩返しをして行きたい。また、タイ・日本・世界のために、自分ができる貢献をして行きたいと、本当に思います。

posted by インサック at 11:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。