2012年06月09日

カンチャナブリ(2012年)-2

erawan_national_park.jpg
ということでエラワンの滝まで来ました。

エラワン国立公園の入り口から滝までは約500m。山道を登って行きます。
エラワンの滝は全部で7つあり、一番上の滝は一番下から1.5km程度です。

erawan_1st.jpg
第一の滝!

erawan_2nd.jpg
第二の滝!

erawan_3rd.jpg
第三の滝!

……ここで力尽きて戻りました。
でもきれいでしたね。
写真だと一番上の滝が一番きれいだったので、次回はコンプリートを目指します。

erawan_monkey.jpg
猿もいました。

namtok.jpg
下りてきてから昼食。ナムトック。滝だけに。
(注:写真手前の料理の名前は「ナムトック」と言うのですが、「滝」という意味もあります)

滝の後は、クウェー川の南岸のリゾートホテルに宿泊しました。

dhevi_mantra.jpg

dhevi_mantra_2.jpg

thai_sakura.jpg
「タイの桜」って言ってましたけど、名前なんていうんでしょうか。

久々のカンチャナブリでしたが、植生がバンコクやイサーンと違って、なんかわっさわっさ木が繁っています。
アウトドアスポットも多いし、車で回るにはとても気持ちよくていい場所だと思います。
次回はミャンマー国境のサンクラブリでも行ってみようかな?









posted by インサック at 16:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンチャナブリ(2012年)-1

タイでは先週末3連休だったので、レンタカーを借りて1年ちょっとぶりにカンチャナブリに行って来ました。

mirage.jpg
最近タイで販売が始まった、三菱ミラージュ。
なんと新車でした。
1200ccなので、加速や高速走行にちょっと難がありましたが、100kmくらいなら普通に走れました。

Kwai_bridge.jpg
まあ、一応ベタに「戦場にかける橋」。
このあたりがカンチャナブリ県の中心地(県庁所在地的な場所)です。バンコクからここまで約180km、渋滞したので3時間くらいかかりました。空いてたら2時間ちょっとでしょうか。
今回は、ここからさらに120kmほど北西に行った、ヒンダット温泉を目指しました。


大きな地図で見る


hindad_1.jpg
入湯料はタイ人10バーツ、外国人40バーツ。

hindad_2.jpg
川の脇に浴槽が二つあり、ぬるめと熱めに分かれています。
タイにはお湯につかる習慣がないので、どうせぬるーいんだろうなーと思っていたのですが、日本の露天風呂と遜色ない温度!
この温泉は、第二次世界大戦中(「戦場にかける橋」を建設している時)に日本軍が発見したものだそうです。さすが日本人!
横の川も、火照った体を冷ますのにちょうどいいくらいの冷たさで、お風呂と川に交互に入っていると、何時間でも居れそうです。かなり良かったです。
実はタイには他にも何か所か温泉があるんですが、チェンマイ方面やラノーン(南部)だったりして、たぶんこのヒンダット温泉がバンコクから一番近いです。それでも300kmありますが……

nakakiri.jpg
宿泊したホテルは、部屋がクウェー川の岸のフローティングハウスでした。
アウトドアな感じですごく雰囲気が良かったですが、壁が竹を編んだだけのものなので、防音性が低いのと、ドアのたてつけが悪かったです。
次回はコテージに泊まってみようと思います。

翌朝は、「タイで最も美しい滝」と言われているエラワンの滝を目指します。
行く途中で、サイヨーク・ヤイ滝に寄りました。

sai_yok_yai.jpg

「ヤイ」とはタイ語で「大きい」という意味です。
サイヨーク・ノイ滝(「ノイ」は「小さい」という意味)には前回行きました。
「ヤイ」というからどんだけ大きいのか、と思ったのですが、

sai_yok_yai_2.jpg
こんな感じでした。しょぼっ!!








posted by インサック at 16:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。