2012年01月23日

過ごした分だけ

昨日映画見に行ったんですよ。
「Real Steel「という、ロボットがボクシングする映画です。
非常にハリウッド的にベタな映画だったのですが、お約束なストーリーが逆に心地よく、ラストの試合のシーンはめっちゃ興奮&感動しました。

これはロボットアクションでありながら、長らく離れていた父と子の絆の物語でもあります。
主人公のチャーリーが11年前に離婚してから一度も会っていなかった息子マックスと、とある理由から同居することになります。
二人はいろいろあってロボットボクシングのセコンドとして、最強の敵ゼウスと闘うことになります。
二人は反目しあったり協力しあったりするのですが、劇中マックスは自分の父親を一貫して「チャーリー」と呼んでいます。
ただ、ラスト、全ラウンドが終了した時、初めて「Dad」と呼びます。
息子と離れて暮らす父親として、ここで不覚にもうるっときてしまいました。

劇中では、11年間離れていた父の子が、ラストでお互いの絆を持ちます。
タイトルの「Real Steel」は、劇中のロボットボクシングのイベント名なのですが、親子の絆の意味もあるのかも知れません。

ただ、現実としては、やはり一緒に過ごした時間の分だけ、家族の絆は深まるんじゃないかと思います。
私の長男は、もう高校2年生なのですが、お互いに息子であり父であることは(もちろん)認識していますが、「家族」という言葉とはちょっと違うと、お互い感じていると思います。
二男は、まだ離れて2年くらい、去年会った時は違和感なく「家族」でしたが、成長すると共に、「父」と「息子」になって行くんでしょう。
寂しいですけど、抗えない事実だと思います。
まあ、これも父親らしいことをできなかった私の責任なんでしょう。
子供たちに普通の家庭を作ってやれなかったことは、一生後悔して生きて行くんだと思います。



posted by インサック at 20:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。