2011年04月23日

ミャンマー(3)シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダは市街地から少しあるので、タクシーで行きました。
ヤンゴン周辺なら、ひと乗り1,500チャット(約150円)。
ちなみに、チャットの公定レートは1ドル6.51チャットですが、ホテルや両替商では1ドル800~850チャットで取引されています。

yangon_taxi.jpg

ボッロボロの日本車です。昭和40年代くらいの年代物ではないでしょうか?
シートはクッションはみ出まくり、ドアはちゃんと閉まらない、もちろんエアコンなど効くわけもなく、窓全開で走ります。


Shwedagon_entrance.jpg

パゴダまでの参道。けっこう急です。
両サイドにはお土産物屋が並んでいますが、のどかなものです。


Shwedagon_buddha.jpg

ブッダ。
何もかもが金色です。
日本の感覚からするとちょと派手なんですが、まあこれはこれで荘厳とも言えますでしょうか。


Shwedagon_inside.jpg

やはり祈る人々で賑わっています。


Shwedagon_dog.jpg

Shwedagon_dog2.jpg

ヤンゴンの狛犬。えらいかわいいです。



Shwedagon.jpg

Shwedagon2.jpg


Shwedagon3.jpg

なかなか威厳のある姿です。
この後バガンでもこういうパゴダを死ぬほど見ることになります。
南インドに行った時も思ったのですが、寺院のひとつひとつは、それは立派でかっこいいのですが、やはり様式が同じなので、いくつも見続けると、申し訳ないですけど飽きて来るんですよね。
この時点ではまだ飽きておらず、
「おお〜〜」
という感じで感動しています。


Shwedagon_tokudoshiki.jpg

得度式(出家)を行う人たち。
水かけ祭りの時に出家する人が多いそうです。


8days_buddha.jpg

ミャンマーでは(タイでも)、自分が産まれた曜日ごとに仏様がいて、自分の仏様の像に水をかける習わしがあります。
水曜は午前と午後に分かれるので、全部で8種類あり、仏様の乗り物がちがいます。

garuda.jpg

私は日曜に産まれたので、ガルーダです。かっちょいい。
他の曜日だとねずみとかありますからね。


日が暮れて来たので、街に戻り食事をしました。


lionworld.jpg

ヤンゴンは、東京やバンコクに比べると街灯が圧倒的に少なく、インドやラオスの都市のようです。
そんな中ビアホール的なお店「Lions World」へ。
写真では見えにくいですが、奥の方にステージがあり、女性の歌手がミャンマーや中国の通う今日を歌っていました。


shan_soup.jpg

また見にくいですが、シャン族のスープ。
すっぱ辛いスープで、具は豚の内臓やミャンマーコリアンダ、玉ねぎ、じゃがいもなど。
まあまあおいしかったです。


次の日は、落ちそうで落ちない岩がある、チャイティーヨーというところまで行きます。
チャイティーヨーへの道が、今回の旅行で一番ヘヴィでした……

つづく。

posted by インサック at 15:28| Comment(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー(2)スーレー・パゴダ

まずは、ダウンタウンのど真ん中にそびえるスーレー・パゴダに行きました。

sule_pagoda.jpg

普通のビルの間から見えるスーレー・パゴダ。
この光景はヤンゴンならではですね。
拝観料2ドル(ミャンマー人は無料)を払い、中に入ります。
ミャンマーのこういう寺院やパゴダは必ず入場料を取るのですが、最大10ドルくらいです。
まあ、遺跡のメンテに使われると思えば許せる額です。
ネパールではありえない額取られたような記憶がありますが…

sule_inside.jpg

中では熱心な仏教徒であるミャンマー人がお祈りを捧げています。


sule_2.jpg

大きな仏塔をいくつかの小さい仏塔が取り囲むデザイン。かっこいいです。
仏教のいろいろな意匠ってかっこいいですよね。


sule_donation.jpg

寺院への寄付セット。
ミャンマーではなぜかココナツとバナナです。


sule_saint.jpg

偉人の像。
像より、両脇の顔だけマトリョーシカのインパクトが大きいです。
ミャンマーにしかないアイテムです。


sule_pari.jpg

古代ヒンドゥー語(パーリ語)で書かれた碑石。
現代ミャンマー語にそっくりに見えるのですが、全然違うとのこと。
パーリ語は、出家して勉強した人しか読めないそうです。
でも出家する人かなり多いと思うので、けっこう通じるのかな?


続いてちょっと郊外のミャンマーで最高格式のパゴダ、シュエダゴンへ向かいます。

つづく。

posted by インサック at 12:31| Comment(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー(1)

タイでは4月にソンクランという大型連休があり、せっかくなので4/10-17の間ミャンマーを旅行してきました。
ミャンマーには、以前、タイ北部のメーサイという街からミャンマー側のタチレイ(タチレク)という街へ日帰りで行ったことはあるのですが、今回は首都ヤンゴン、落ちそうで落ちない岩ゴールデンロック、世界3大仏教遺跡のひとつバガンと回りました。

yangon_airport.jpg

早朝の便でヤンゴン国際空港に到着。
意外にきれいです。

タクシーで市内まで行きますが、当方現地通貨(チャット)を持っていないので、米ドルの両替を運ちゃんにお願いしました。
ちなみに、ミャンマーではクレジットカードはほぼ使えず、ATMもトラベラーズチェックも使えません。
また、米ドル以外の通貨の両替は非常に難しく、結局米ドルキャッシュを持ち込むしかありません。
そのうえ、折り目が付いている札は両替してくれません。
チャットはボロボロでも使っているくせに。

yangon_zakkaya.jpg

両替に行く途中にあった、キンマを売る雑貨屋。
キンマとは、キンマという植物のはっぱに石灰を塗り、ビンロウジュの実その他のスパイスをくるんだものです。
インドでは「パーン」と言います。
ミャンマーはインドにも隣接しているのですが、歴史的に東の隣国タイとは仲が悪く、インド文化の影響の方が強いようです。

kyat.jpg

両替レートは1ドル800チャット。
最高紙幣は5,000チャットなのですが、1,000チャット札しかなかったらしく、100ドル変えたら80,000チャットの札束になりました。

yangon_street.jpgyangon_building.jpg

ヤンゴン市内。
意外にきれいな道で、英国の植民地時代のコロニアル風建物も残っていて、素朴な中にも洗練されたセンスを感じさせる街並みです。


yangon_docomo.jpg

日本の某携帯会社とは関係ないです。
ミャンマーの携帯電話普及率は2%だそうです。

yangon_watergun.jpg

ミャンマーでもこの時期は水かけ祭りがあります。
タイではソンクランと言いますが、ミャンマーではディンジャンと言うそうです。
水鉄砲がえらい売られてました。


myanmar_beer.jpgmyanmar_otsumami.jpg

おなかがすいたのでごはんを食べました、というかせっかくの休日なので昼ビール。
ミャンマービールはけっこうおいしいです。

yangon_watergun.jpg

道端の果物屋さん。
きれいですね。

この後市街地ど真ん中にある仏塔スーレー・パゴダとミャンマーで最高の格式のシュエダゴン・パゴダに行きました。

つづく。



posted by インサック at 03:56| Comment(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

空港なう


image-20110410054126.png

寝過ごさなかった!
偉いぞおれ!
posted by インサック at 07:42| Comment(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

ソンクラン


image-20110409162913.png

街にソンクラン用のアイテムが増えて来ました。
お店にも大型水鉄砲が並んでいます。
私は明日からミャンマーですが、ミャンマーでもソンクランあるそうです。
posted by インサック at 18:32| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマーに行ってきます

来週は水かけ祭り(ソンクラン)でタイはお休みムードですが、私は4/10-17の間ミャンマー旅行に行って来ます。
昔から行ってみたい国で、数年前にタイ北部のメーサイから陸路でタチレクまで日帰りしたことはあるのですが、本格的な旅行は初めてです。

首都ヤンゴンでパゴダを見て、ゴールデンロック、遺跡のメッカ・バガンを回って帰ってきます。
特にバガンは楽しみです。

ミャンマーは携帯ローミングがなく、電話やインターネットにも制限がかかっているので、この間は音信普通になりますが、タイ以上に穏やかな国民性らしいので、危険はないと思います。不便はいっぱいあると思いますが。
知人の方々、ご心配なさらぬよう。
posted by インサック at 14:02| Comment(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パック・ペット・トート

duck_mouth.jpg

あひる(ペット)のくちばし(パック)のからあげ(トート)。

先日お食事をしたタイ在住20年超の日本人の方から教えてもらった、うちの近所のイサーン料理屋にて。
うちの近所にはイサーン料理屋がたくさんあるのですが、その方いわく
「ここが一番おいしい」
とのこと。

確かにおいしかったです。
でもチムチュムはイサーン・ロットデットの方が好きかな…
posted by インサック at 13:03| Comment(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。